金運と財運の違いって?お金持ちになるための秘訣

金運財運

どちらも運気を上げたいときに、よく出てくる言葉です。

なんとなくお金に関係する運勢をあらわしていることは想像できますね。

 

 

金運と財運は、実際とても似ています。

けれど、手に入る「財」の中身が違います。

 

「金運」= 一時的な金銭運上昇、臨時収入

「財運」= 継続的な金銭運上昇、資産

 

 

あなたは今どちらが欲しいでしょう?

それによって、あなたが行うべき対策や行動、おすすめの財布の色まで変わってくるんですよ。

 

 

まずは「金運」

金運は、お金そのものに関する運が上向くことを意味します。

 

・臨時収入が入る

・宝くじが当たる

・ボーナスが出る

・福引きが当たる

・懸賞に当選する

・ギャンブルに勝つ

 

などなど。

ダイレクトに金銭的な恩恵を受けられるのが「金運」の特徴。

毎日や毎月継続して続くというより、ラッキーの要素が強いですね。

 

なので、いいことないかな~♪って願ったときに、転がり込んできて金銭的な大小の喜びをもたらしてくれる運気となります。

 

 

金銭的に低迷していたり、最近いいことがないのでドカンと喜びが欲しい方は、金運を上げると臨時収入が手に入って、金銭的にも気持ち的にも恵まれます。

 

ただし、パッと使ってなくなってしまうものも金運には含まれていますので、手元に残りづらいかもしれません。

 

一時的にお金に関する運が上がって、楽しめるのが「金運」です。

 

 

 

それに対して「財運」は堅実なイメージ。

使ったらなくなる臨時収入ではなく、自分の財産として手元に残るものを意味します。

 

・貯蓄した金

・不動産運

・株やFXの運用成功

・宝くじの高額当選

 

将来に残る大きな「財」が「財運」の特徴。

金銭や換金できるものが形としてあり、継続してじわじわくる喜びや安定をもたらすのが金運との違いです。

 

例えば、宝くじは当たると金運が手に入り、貯蓄したり家を買ったりすれば財運が手に入ることになります。

 

 

なので、ちょっとややこしいですが

 

・短期的なお金に関するメリットは「金運」

・長期的なお金に関するメリットは「財運」

 

を上げていくと、お金に関する不安が解決しますよ。

 

日の出 開運

 

とりあえずお金がない・お金が欲しい方は、まず金運アップ゚対策を行う。

金運が上がってから、次に財運を上げてキープする。

 

これがお金持ちになる秘訣です。

 

 

実際に上げる方法は、またいつかご紹介しますね。

 

対策は万人向けの方法と、一人ひとりにあわせた方法があり、組み合わせると効果がアップします。気になる方は個別にお問い合わせください。

 

財運に関する対策のほうが時間がかかるので、焦らずにゆっくりと財運を上げていくと、将来的に安定します。

 

せっかくがんばって運を上げたのに「欲しかったのはこれじゃなかった・・・」と、ガッカリしないために。

自分にはどちらが必要なのか、きちんと知ったうえで正しい対策をして、効果を倍増させましょうね!

 

鑑定申込風水講座受講申込お問い合わせフォームからどうぞ

 

 

福岡 占い 四柱推命・風水

川中れいあ

tel. 070-5651-5899

mail. info@rheia-salon.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA