開運できる「風水」って?風と水を用いて気を操る術

人気の「風水」。

あなたはどんなものか、答えられますか?

 

占い?

女性が好き?

20年くらい前に誕生した?

ラッキーカラーやおまじない?

 

よく耳にするのはこんなイメージですね。

 

 

なんとなく知っているけれど、詳しくは知らない「風水」。

 

そもそも、風水の基となる概念は、約4000年前の中国で殷・周時代に生まれたといわれています。

 

 

気乗風則散 界水則止

古人聚之使不散 行之使有止

故謂之風水

 

気は風に乗ればすなわち散り

水にへだてられれば止まる

古人はこれを集めて散らないようにし

行かせるようにも止まるようにもした

故にこれを風水という

 

 

「風水」という名称は、晋の郭璞がまとめた「葬書」に示されたのが始まりだといわれます。

 

「気」はすべての源であり、風と水を用いて気を操る。

これが、風水の魂となる概念です。

 

概念は古くより本に書かれていますが

読んでも「気」自体がなんなのか分からないし、漠然としていますね。

 

でも、意識していないだけで、私たちの周りにはたくさんの「」があふれています。

 

 

気にする、気になる、気持ち、元気、病気、空気、陽気、陰気・・・

 

どれも、目に見えないけれど「ある」「感じられる」ものです。

 

 

例えば空気は見えないけれど、私たちの周りに間違いなく存在していて、ないと生物は死んでしまいます。

 

「気=見えないけれど存在しているもの」をコントロールする。

これが重要なんです。

 

そして、風水でコントロールするものには大きく分けて2つあります。

1つめは、目に見えるもの

2つめは、目に見えないもの。

 

目に見えるものは、山・川・地形・街・家・間取りなど。

目に見えないものは、気・時間・空間・方位など。

 

 

この、見えるものと見えないもの2つを意のままに動かし、整えていく。

そのための法則や方法を、先人から学び実行していくのが「風水」。

 

風水はおまじないや占いではなく、結果を追求する「学問」と捉えると理解しやすいと思います。

 

 

今までの話はちょっと難しいですが、

「日々しあわせに生活できるように、身のまわりの環境を整えて暮らしやすくするための方法」を教えてくれるのが風水です。

 

ですから、風水であなたの身の回りの幸せは整えることができます

整える具体的な方法が分からなかったら、私にお尋ねください。

 

 

風水を読み解いて利用する上で大切なのは、「感じる力」と「豊富な知識」です。

 

必ず、自分の周りを正しく整えることで、未来に良い結果が導かれますよ。

 

より良い方向に進みたいと思ったら、ぜひご相談ください。

あなたのまわりの自然の流れ環境を整えて、人生を快適に過ごすお手伝いをいたします。

 

福岡 占い

四柱推命・風水・パワーストーン

川中れいあ

ご予約、お問い合わせはこちら

 

●あなたの運勢を読み解く道しるべ

占いの王‐宿命を知って開運するためには「四柱推命」がおすすめの理由

あなたの悩みは解決できます。

自分の運気の流れを知って、開運しましょう。

四柱推命であなたの未来を占ってみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。