姓名判断で開運できます 名前占い

生まれてから終わるまで、あなたと共にある「名前」。

 

人は一生のうち

何回名前を書いて、何回名前を呼ばれるか

考えたことはありますか?

 

あなたが想像する以上に

性格や運勢を形成する上で「名前」の影響力は遥かに大きなものです。

 

 

名前を付けることを「命名」といいますね。

「名に命を与える」と、名前自体に魂が宿ります。

 

そして、名付けられた本人と一生を共にします。

 

1. この世に生を受けたとき

2. 初めて名前を紙にしたため、声に出して呼ばれたとき

 

生年月日命名

 

この2つで、その人の一生を決める運勢=「先天運」がほとんど出来あがるといっても過言ではありません。

それくらい命名は重要なのです。

 

「あなた」を形成していく上で非常に重要な、運命共同体の「名前」。

生まれたときに付けられる「名前」が及ぼす運命への影響は、残念ながら変えることができないのでしょうか?

 

結果から言うと、もちろん、そんなことはありません。

 

運勢を判断するうえで、先天運と対をなす「後天運」。

年を重ねるごとに後天運が重要になってきます。

 

若い頃は先天運の影響を大きく受けますが、青年期以降の運勢は後天運や環境が関係します。

同じ日に誕生した双子の運命が同じでないのは、後天運や環境における、選択の違いの積み重ねが大きいのです。

 

先天運が悪い方でも、後天運でいくらでも挽回することはできますよ。

どうぞご安心ください。

 

開運日

 

では、生まれ持ったあなたの名前が、良いのか悪いのかを判断するために、まずは姓名判断をしてみましょう。

 

姓名判断をすることで、現在の運勢が分かり課題点が浮き彫りになります。

まずは知ることで、改善が可能になり運気が開けてくるのです。

 

目を背けていれば、ダメージは日々蓄積しますので、お名前に関しては修正は早いほうが良いのです。

 

 

名前を占うときは、主に3つの観点からみて総合的に判断します。

 

1.数

2.音韻五行

3.陰陽

 

代表的な鑑定方法は

画数は比較的分かりやすいため、ご自分で調べたことがある方は多いでしょう。

 

鑑定にいらっしゃる方も「私の画数は◯◯で悪いんです」という風に、ご相談を受けることがよくあります。

けれど、私がお名前を鑑定するときに判断する材料は、もちろん単純な画数だけではありません。

 

一言に画数を占うといっても、細かく分析していくと、たくさんの数や文字が内包されています。

 

一般的に画数を読み解く場合は「五格」と呼ばれる5つの格をみます。

 

1.天格

2.人格

3.地格

4.外格

5.総格

 

冬至,開運,挑戦

 

総合的な運気を上昇させたい

家庭運を良くしたい

仕事運を良くしたい・・・

 

ご相談者が、何を求めていらっしゃるのかによって、行う鑑定方法は異なります。

性別でも鑑定は変わります。

 

特に女性は、結婚で画数が変わり、運勢に変化が出る方がいらっしゃいます。

 

画数が凶作用を及ぼすと、中年期以降の運勢やお子様の運勢に影響があります。

鑑定して名前を開運数に整えることで、厄から身を守ることが可能です。

 

また、事業を営む方は、総合運・仕事運・対人運に恵まれた名前を用いることが大切になってきます。

屋号や社名との相性も重要です。

 

私は、個人的な考えとして、親や名付け者からいただいた下のお名前を戸籍上改名するのは、それまで生きてきた人生を亡きものにするくらい重大な決断となりますので、積極的におすすめはしていません。

(社会通念上で不利な場合や、生活に支障を及ぼすと考えられる場合は除きます。

あくまでもご相談者様の、過去よりも未来において有益と思われる選択を、ご提案させていただきます)

 

しかし、結婚・離婚・養子縁組などで苗字が変わる方は、とても多くいらっしゃいます。

 

離婚養子縁組で、2つ以上の苗字から選択が可能な場合。

 

学校や会社での1~2年の短期的な問題で決めるのではなく、慎重にご判断ください。

特に未成人のお子様の場合は、苗字変更が、人格形成や学業の発展に影響を及ぼすことがあります。

 

1年が365日ですから、1日一回しか名前を呼ばれないとしても、約3年で1,000回の影響を受けます。

学校に通っているお子様は、普通に考えて、もっと名前を呼ばれたり書いたりする機会は多いでしょう。

 

気に入らなかったから」と言って、そう何度も変更できるものではないので、改名するときには先の未来まで考えて、本当に冷静かつ慎重になさってくださいね。

ご自分での選択が難しければ、どうぞ私にご相談ください。

悩み解決

 

一方、主に女性が結婚して姓が変わる場合。

 

事実婚、養子等のケースもありますが、一般的には結婚して改姓する女性がほとんどです。

現在の日本で、結婚による改姓を拒否することは心理的・法律的に難しいため、よほどのことがない限り「選択の余地なく苗字が変わる」と考えてよいでしょう。

ご結婚相手の苗字と名前との相性が素晴らしく、結婚後に何の問題もない姓名になる方は、恵まれていらっしゃいます。

 

でも、新姓と名前の相性がイマイチという方が多いのも事実です。

そのような場合は、きちんと対処することで、中年期以降の運勢が開けます。

 

レイアでは

姓名判断に加えて、四柱推命で生年月日から、ご相談者様の総合的な運勢と将来を占って、開運に結び付けることが可能です。

 

「生年月日」と「名前」は、人にとって非常に重要な意味を持ちます。

 

開運したい方や将来を見つめなおしたい方は、一度名前を見直してみましょう。

お名前に関しては

一日も早い鑑定をしたほうが、その後の人生がより良いものになりますよ。

 

まずはご相談くださいね。

 

お問い合わせ・鑑定申込はこちら

四柱推命とは

 

 

***

名付けに関して、おかげさまで大変ご好評いただいております。

命名・改名・ビジネスネーム・屋号・社名など

開運に導く御名を授けます。

 

福岡 占い 「レイア」

川中 れいあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA